野球経験者であれば、誰でも当たり前のようにできるのが審判と思われがちです。

しかし、野球のルールは知っていても、審判独自のルールを知らないという人が大半です
し、監督やコーチなどから抗議や吊し上げを食らっても冷静にジャッジできるほど自信を
持って行えるかどうか
と言われたら、不安に感じるのではないでしょうか?

適当にジャッジしてゴリ押ししても平然でいられる鋼のメンタルがあれば、多少の誤審を
しても気にならないでしょうが、勝敗を左右するプレイで誤審をすると非常に大変です。

審判を引き受けて失敗しないためには、審判のルールブックを徹底的に頭に叩き込むしか
ありませんが、専業の審判でもないのに、完璧にマスターするのは難しいと感じるのでは
ないでしょうか?

そこで、元セリーグ審判で、現在はNPO法人「Umpire Development Corporation」の
インストラクターとして野球審判の地位向上を目指す濱野太郎さんが作成した「濱野太郎
の野球審判マニュアル
」が役立ちます。

少年野球の審判で「よくあるケースと判定のポイント」を1日あれば学ぶことができます。

「濱野太郎の野球審判マニュアル」は、野球経験が全くない人でもマスターできますので
安心してください。

「濱野太郎の野球審判マニュアル」は、一般的な4人制審判はもちろんのこと、最近増加
している2人制審判にも対応可能です。

2人制審判に対する批判は根強いですが、現実問題として審判役を引き受ける人が少ない
ために「やらざるをえない」
わけですから、更に負担が大きくなる中で、ミスジャッジを
しないために「濱野太郎の野球審判マニュアル」を活用するメリットは大いにあります。

【続きを開く】