介護福祉士試験は合格率が上昇しています。

2015年までは合格率が60%台が一般的であり、2016年には57.9%と低下を
したため、一気に難化するかと緊張感が走りましたが、2017年以降は合格率が70%
を超える状況が続いており、逆に易化したといっても過言ではありません。

しかし、合格率の高さと受験生が感じる難しさとは違うところがあるようで、実際に介護
福祉士試験を受験した人の感想を見ていると「難しかった」「よくわからない問題が出た」
といった具合に、全く勉強しなくても合格できるほどに簡単な試験という印象はなさそう
です。

介護福祉士試験の合格率が上がっている一方で難易度も上がっているために、油断はでき
ません。

介護支援専門員の「ナックル」こと中山孔太さんは介護福祉士試験の試験対策の際に勉強
のやり方
を変えたことで、短期間の勉強で一気に合格することができたといいます。

中山さんは問題集を使って勉強をしていたといいますが、実際の出題形式に慣れることで
ケアレスミスを防ぐのと、普段なら解ける問題を間違えるなどといったトラブルを減らす
のに役立つからです。

そこで、問題を解いて本番の介護福祉士試験に備えたい時に役立つのが「介護福祉士模擬
問題集
」です。

この「介護福祉士模擬問題集」を繰り返し解くことで、合格率が91.2%まで上昇する
かもしれないと中山さんは断言します。

「介護福祉士模擬問題集」は問題と解答だけでなく、動画による解説やメールによる個別
サポートも受け付けています。

メールサポートは、介護福祉士模擬問題集や筆記試験だけでなく、実技試験に関する内容
でも構いませんし、あなたが介護福祉士試験に合格するまで何度でも利用できます。

【続きを開く】