あなたの会社や学校、地域の集まりなどの組織に、人間関係を崩壊させて組織を潰すなど
の問題行動を起こすコミュニティークラッシャーはいませんか?

以下のような特徴が見られれば、コミュニティークラッシャーといえます。

  • 平気でウソを言う
  • 特定の人を攻撃対象にする
  • 人間関係を壊す
  • 周囲の人を自分の手下にしてしまう
  • 所属するグループの頂点に立とうとする

特に、女性が多い職場で見られることが多いコミュニティークラッシャーですが、以下の
ような状況が起こっていれば、早いうちに排除する必要がある
と指摘するのは探偵事務所
オリザ・リサーチサービスの小林伊知朗さんです。

  • 退職者・組織から抜け出す人が増加している
  • 職場・グループの雰囲気が悪くなった
  • 組織内の悪口や陰口が増えた
  • 従業員・参加者同士の信頼関係が低下した

しかし、コミュニティークラッシャーを排除しようにも、ただ「出て行け」といっても
意味がありませんし、今度はあなたが攻撃対象となりかねません。

そこで、小林さんはコミュニティークラッシャーの特徴を把握した上で、合法的に排除
するための対策に取り組む必要があると指摘します。

このコミュニティークラッシャーに対して必要な知識をみにつけるため、小林さんは、
コミュニティークラッシャー早期発見・対策マニュアル」を公開しました。

コミュニティークラッシャー早期発見・対策マニュアルは、知識を身につけられるだけ
でなく、個別サポートも付いています。

あなたが実際にコミュニティークラッシャーと対峙する際に役立つよう、購入後3か月
の間「1回2時間まで」の無料相談を「5回」利用できます。

メールや電話、ビデオ通話など、あなたにとって都合の良い方法でサポートが受けられ
ます。

あなたのケースに合わせたアドバイスが受けられます。

【続きを開く】