民間企業と比べて高給で、身分保障もしっかりとしている上に、老後の心配もないとして
公務員人気は高まっています。

その一方で、巨額の財政赤字のために、公務員数は削減が続いているため、求人数も減り
続けており、公務員試験に合格するのは難しくなる一方です。

かつてはペーパーテストだけで合否が決まっていた時代もありましたが、現在は面接試験
も重視されるようになったため、かなりの準備が必要です。

国家一般職、地方上級(県庁、市役所2箇所)に全て合格したという、元県庁職員のカズ
さん(仮名)は、公務員予備校や通信教材などに高額な授業料を支払って通わなくても、
大卒程度の公務員試験に最短半年で合格することは可能だといいます。

国家公務員一般職、地方上級(県庁・市役所)に上位合格することは十分に可能です。

そのためには、効率よく学習するためのスケジュールや勉強する範囲の把握など、事前に
確認しておくべきポイントがいくつも存在します。

そのためのポイントをまとめたのが「公務員試験独学合格ノウハウ」です。
スマホだけでも手軽に学べるマニュアルです。

公務員試験独学合格ノウハウでは、合格への近道となる優良参考書・過去問集を選んで、
正しい使い方で学習を進めるための知識と情報が手に入ります。

合否への影響がなく、勉強する必要がない「捨て科目」までも真面目に勉強していたら、
それこそ時間の無駄です。

勉強するべき範囲を取捨選択することで、合格ラインまでの道のりをショートカットする
ことができます。

さらには、公務員試験独学合格ノウハウでは論文や面接、集団討論の対策法までもカバー
しています。

筆記試験よりも面接試験などのほうが重視される傾向が見られるのにも関わらず、意外に
対策ができている人が少ないのが実情です。

公務員予備校で、的外れなアドバイスしか受けられず、意味のない模擬面接を受けている
よりも、よっぽど役に立つのではないでしょうか?

【続きを開く】