あなたの飼い犬は問題行動を起こしていませんか?

甘噛みや無駄吠え、威嚇などで迷惑をかけたり、ケガをしたり、家の中が傷だらけになり
困り果てているかもしれませんね。

いろいろとしつけてみても問題行動が解消しなかったり、更に悪化するなど、さんざんな
結果になっているのではないでしょうか。

ドッグトレーナーにしつけてもらっても改善しなかったり、断られたかもしれません。

しかし、あなたの中途半端なしつけ方では、犬は自分の行動の良し悪しの区別ができない
ために、問題行動を起こすことが当たり前のような状況になっていることが多い
です。

飼い犬が問題行動を起こす原因は、いくつか考えられます。

  • 飼い主と離れることに慣れていない
  • 飼い主とのコミュニケーションが取れていない
  • 犬が従うべき命令を飼い主がきちんと教えていない
  • 問題行動に対する飼い主の行動が一貫していない
  • 飼い主とそれ以外の人でトレーニング方法が異なっている

あなたも既に知っていることばかりかもしれませんが、これらの問題が改善しない限りは
問題行動も収まらないことが多いです。

上手な犬のしつけ方」では、あなたの飼い犬が問題行動を起こす原因に着目した上で、
飼い主として何をすればいいのかを具体的にわかりやすく解説しています。

もちろん、犬のしつけは早ければ早いほうがいいわけですが、成犬になってからでも十分
間に合うことも珍しくありません。

後回しにすればするほど悪化していくわけですから、今すぐ始めたほうがいいでしょう。

【続きを開く】