相手に触れずに吹き飛ばしたり、倒したりするなんて不可能だと思っていませんか?

しかし、ただふざけて遊んでいるだけのように見える動画の中に、実際に足に触れただけ
でひっくり返ったりしているのは演技ではない
といったら驚くのではないでしょうか?

あなた自身が実際に体験してみると簡単にわかりますが、ふんばろうとしても耐えられず
に、体が動かされてしまうのです。

この一見すると胡散臭いとしか思えないような「古伝体術心水会(心水会)」を提唱する
中野由哲さんは、この神業ともいえる「武の神業」を実践するために必要となる「3つの
ポイント」(型・抜き・空間)
を指導し、多くの人に伝授することに成功しています。

この中野さんが教える3つのポイントを自宅にいながらにして学べるのが、中野式「武の
神業」動画解説講座
です。

護身術として使えるのはもちろんのこと、さまざまな武術・武道において身につけること
で、試合や対戦を有利に運べるようになりますし、その他のスポーツでも効果を発揮する
場面が少なくありません。

中野式「武の神業」動画解説講座の内容は、以下のようになります。

  • 武術は肩甲骨を開くことで拓かれる
  • 八卦掌の歩法が入身を可能とするということ
  • 形意拳の身法を用いて投げる
  • 空手・三戦 “中割れ”で応用できること
  • 「武術はなぜ胸を抜く感覚を重要視するのか
  • 古武術はねじれをなくすことでエネルギーが通るということ
  • これだけでいいの!?合気道の四方投げを簡単に行う方法

すべて動画でわかりやすく解説しています。

筋力や身体能力が劣っていても、まったく問題ありません。
歳を重ねるほど上達できるというメリットがあるためです。

【続きを開く】