宅建士試験は、合格率15%~17%と超難関資格ではありませんが、そう簡単には合格
できない資格です。

このため、何度も受験しては不合格を繰り返す人も少なくありませんし、受験しても合格
するのは不可能だと思って諦めてしまい、受験会場に足を運ばない人も数多くいます。

その一方、短期間しか勉強をしなくても、宅建士試験で40点以上を獲得し、余裕で合格
していく人がいる
のも事実です。

その人たちは1日平均3時間、休日5時間~8時間くらいと集中的に学習していますが、
勉強時間が長ければ合格できるというわけではありません。

いったい、どうやって勉強しているのでしょうか?

井真井アカデミー代表で宅建士講座講師の今井秀樹さんは、覚えた知識の理解が必要だと
指摘します。

ただ丸暗記しただけでは応用が効かないため、しっかりと理解する必要があります。
とはいえ、なかなか試験まで覚えるのは難しいものです。

そこで、井真井アカデミーで独自に開発した

  • Iノートテキスト(Word形式)
  • SPM問題集(Excel形式)

が役立ちます。

WordとExcelで作成しているため、マイクロソフトオフィスか互換ソフトが必要です。

短期合格のコツは、100%出題率項目の徹底履修と弱点箇所の発見にあります。
この2つを徹底することで、短時間で効率よく試験対策が行なえます。

宅地建物取引士試験 超短期合格講座」は、IノートテキストとSPM問題集、さらに個別
メールサポートや音声解説、その他条文・関連資料類がセットになった教材です。

「宅地建物取引士試験 超短期合格講座」を受講した多くの人が40点以上を獲得して宅建
士試験に合格しています。

【続きを開く】