英語学習で欠かせない3つの要素として、

  • 継続

があげられます。

それぞれの要素の掛け算が英語力となるため、継続できなければ、どれだけ質の良い環境
や教材であっても英語の上達は期待できません。

逆に言えば、粗悪な教材をつかっていても、量をこなして継続することができれば、英語
を上達することができる
のです。

とはいえ、英語学習で最も難しいのが、学習量を増やすために継続し続けることです。
あなたも何度も挫折したかもしれません。

そこで、英語学習成功請負人の黒坂岳央さんが英語学習で必要な3つの要素を全て満たす
教材として公開したのが「Intensive English Self-study Program」(IESP)です。

「英語力ゼロからスタートし、学習を継続することで、一年後には英語求人へ応募できる
スタート地点までたどりつく」
というノウハウです。

IESPには、以下の教材が用意されています。

極:5000語の英単語・熟語を3ヶ月でマスター
深:英文法を暗記せずに3ヶ月で完璧にマスター
泳:英文をスムーズに読み、情報収集できるレベルに達する
伝:NHKラジオ英会話のテキストで英会話をマスター

3ヶ月毎に一つの教材を終わらせることで、1年後には英会話がスムーズにできるように
なるというわけです。

英会話スクールなどに通うのと比べると、お金がほとんどかからないので、驚くかもしれ
ません。

わからないことがあれば、個別メールサポートや、2ヶ月に1回行うオンライングループ
コンサルにて質問するといいでしょう。

黒坂さんが直接回答してくれます。

サポート期間は、あなたがマスターするまで無期限ですが、カリキュラム自体が1年後に
終わる予定ですから、継続できていれば、1年後には自然と不要になるでしょう。

【続きを開く】