2019年に民法が40年ぶりとなる大規模な改正が行われました。

当然ながら、民法からも出題がある宅建士試験への影響は少なくありません。

宅建士試験は過去問からの出題が多いですが、民法に関しては過去問が期待できない
いう点で、あなたも不満に感じているのではないでしょうか?

宅建士試験では、法律が改正されると、その分野から出題されやすい傾向があるために
ただでさえ出題が多い民法に頭を抱えているかもしれません。

初年度は比較的簡単な問題が出る場合が多いために、過度に心配する必要はないという
指摘もありますが、どこから手を付ければいいのかわかりにくい状況では、気休めにも
ならないかもしれないですね。

そこで、不動産鑑定士・一級建築士・宅建士の赤澤禎信さんが作成した「9デイ・改正
民法動画講座
」が役立ちます。

わずか9日間で、改正民法の全体像が理解できるようになるだけでなく、無理なく知識
が身につけられる動画講座です。

「9デイ・改正民法動画講座」は合計6時間38分38秒とボリュームがありますが、
スムーズに理解できるように工夫されています。

勉強する前は手強く感じる民法も、全体像がわかってしまえば、意外に簡単に思えるの
ではないでしょうか?

赤澤さんは、宅建士試験の講師として20年以上にわたって合格者を輩出してきた実績
がありますし、教え方がうまいと評判です。

しかし、「9デイ・改正民法動画講座」でわからないというポイントがあれば、半年間
回数無制限のメールサポート
で疑問を解決できますし、30日間の全額返金保証も用意
されているために、安心して取り組むことができます。

【続きを開く】