筋肉を成長させるために、筋肉を鍛えるトレーニングが必要であることは言うまでもあり
ません。

しかし、筋トレだけを延々と続けたところで、筋肉が成長するわけでもありません。

筋肉を育てるのに欠かせない栄養となるタンパク質やアミノ酸が不足すると、十分に成長
しないどころか、栄養不足で筋肉分解が起こったり、肉離れなどの身体故障を起こすなど
のトラブルが心配されます。

このため、あなたも筋肉に栄養を与えるために、プロテインやHMB、BCAAなどのサプリ
メントを摂取しているのではないでしょうか?

しかし、運動前後にサプリやプロテインを飲んでいるのにも関わらず、筋肉が成長しない
というのであれば、食事に問題があるケースが多いです。

プロテインやサプリ等でしっかりと筋肉に栄養を与えていると思っていても、体内に吸収
されなければ意味がありませんし、食事のバランスが崩れていたり、ダイエットと称して
食事らしい食事をほとんどしていなければ、十分な効果が得られません。

これまでに13000名以上の指導を行ってきたパーソナルトレーナーの野村昇平さんは
ボディビルディングで重要な要素として、トレーニングが2割、食事が8割だと指摘する
ように、日々の食べ物が非常に重要なことがわかります。

食事の栄養管理がでたらめな状態で、HMBサプリやプロテインだけを足し合わせても全く
意味がない場合が多いため、食生活の見直しが最も重要なポイントとなります。

例えば、アスリートなどは、1日5食・6食というのが珍しくありませんが、スポーツに
よっては、毎食、一般人が1食で食べる量の食事を済ませることが珍しくありません。

しかし、あなたが筋肉を成長させるために食生活を見直す場合には、毎食、お腹が一杯に
なるまで食べたら、メタボや糖尿病になる可能性が極めて高いでしょう。

カロリーの供給過剰はもちろんのこと、栄養価の偏りが悪化するからです。

それでは、どのような食事をすれば良いのでしょうか?

いくつかポイントを纏めました。

  • 1日あたりの食事の回数を増やす(5~6回程度が平均)
  • 1日あたりの摂取カロリーや栄養分は推奨値を守る
  • 1食あたりの栄養バランスを保つ(炭水化物5割、脂肪3割、タンパク質2割)

全てを実現するのは、なかなか難しいと感じたのではないでしょうか?

これを可能にするのが「トレーニングと食事の正しい関係」です。

食事についての正しい知識と具体的な実践方法を身につけることができます。

【続きを開く】