劣等生が短期間で一気に学力を上げるためには、どうすればいいのでしょうか?

良い指導者と良い教材があれば効果的ですが、やはり、学習意欲がないと続きません。

勉強嫌いであるほど、無理やり勉強をさせられても、拷問を受けているようなものです。
そんな状態で勉強しても、ほとんど何も身につきません。

自ら「ヤル気」を出して勉強に取り組まないと、同じ時間を費やして勉強をしても成果に
大きな違いが出ます。

勉強時間だけを伸ばしても意味がありません。

それでは、強度の勉強嫌いで、教科書やノートを見ただけでもアレルギー症状が出そうな
状況だったとしても、学習意欲が向上し、自ら勉強に取り組むようになるためには、何を
すればいいのでしょうか?

自分から勉強ができないお子さんを持つ保護者の方や生徒の方たちの団体「リスタディ
は、この勉強嫌いの状態を解消するために、塾や家庭教師に頼らなくても、自らの未来を
勝ち取る力を身につけるための「自立学習テキスト」を開発しました。

多くの場合、「勉強の仕方」がわからないために、勉強をしても内容が理解できず、全く
達成感がえられないために、学習意欲が低下し続けるという悪循環
に陥っています。

この悪循環を根本的に解消するために、リスタディの自立学習テキストではワークに取り
組むことにより、学習意欲の向上と、学力がアップする勉強の仕方、時間の活用法などを
自力で身につけられます。

テキストに書かれている質問に答えたり、表や図に書き込んでいくだけで、いつの間にか
自分のタイプに合った勉強スタイルが確立できるのです。

リスタディの自立学習テキストでは、親向けの内容も書かれています。

ただ勉強するように怒鳴ったり、無理やり勉強時間だけを伸ばすように仕向けても意味が
なく、どうすれば、子どもが高いモチベーションをもって自ら勉強に取り組むようになる
のかを知ることができます。

親だけ、子供だけが努力するよりも、親子の共同作業として取り組んだほうが、短期間で
学力アップが期待できます。

【続きを開く】