お金を増やすためには、どうすればいいのでしょうか?

「働いて給料を稼ぐ」というのが一般的な答えですし、少しズレている人だとギャンブル
や宝くじ、パチンコなどで一山当てると言った発想になるでしょうか。

投資や投機に関しては、実践している人の考え方や資金量などによって、正反対の結果に
なるため、一概に悪い発想と言い切ることもできません。

「ゆう斎」さんは、最初から他人から負わされた借金2億円を完済しただけでなく、自ら
の意思で2億の借金を背負い、4億円の資産を構築することに成功しましたが、その際に
学んだこととして、お金を増やすためには、以下の3つのポイントが存在します。

  • あなたが発揮する能力
  • 行動した量
  • 構造性(レバレッジ)

レバレッジを利かさない限り、能力と行動が伴ったとしても、なかなか成果として現れて
きません。

また、別の観点でいうと、お金に関する考え方は大きく2つにわかれます。

  • お金の構造を重視
  • メンタルを満たす事を重視

従来型の自己啓発だと、お金に関しては、どちらか一方に偏っているケースが大半です。

「金の亡者となって、倫理など無視して金儲けに突っ走れ」といったアドバイスは、お金
の構造のみに従ったものであり、一時的に成功するかもしれませんが、いずれは破綻する
のが目に見えています。

また、清貧や清く正しいことだけにお金を費やすなどといった概念ばかりを重視しても、
実際にお金が増えることはありません。

どちらか片側だけを重視するのではなく、この両者を併せ持つことが重要だと「ゆう斎」
さんは指摘します。

そこで、富裕層がどのような考え方で行動しているのかを、自ら経験してきた「ゆう斎」
さんがまとめた「2億円マインド」を学ぶことで、あなたも富裕層に近づけます。

悪の聖化を含む、含まない、という点は財産を作り上げる際に大きな差が出ます。

悪いものは避ける、近づかないといった分離型思考ではなく、悪いものを良くするという
具合に、和合し巻き込んでいくことで、お金が青天井に増えていきます。

清濁併せ呑んで、清いものが出てくるようにすればいいわけです。

【続きを開く】