バッティング練習に熱心に取り組んでいても、なかなか上達しないといった悩みを抱えて
いませんか?

上達しないのは練習量が足りないのが原因と言われることが一般的ですし、下手くそな奴
は上手な人の倍以上を練習して、ようやく人並み
などと言われるような状況です。

こんなことでは、どれだけ練習時間があっても足りないですよね。

長時間の練習を長期にわたって続けると、それこそ体を壊すだけですから、腐ったリンゴ
と同じ感覚で、チームの邪魔者が体を壊したら練習できなくなるので、チームから堂々と
追い出せる
といった具合に、野球指導者からすれば好都合なのかもしれませんね。

東洋ベースボール企画代表の高橋悟さんは、打撃が成長しない、スランプを脱出できない
悩みの原因は、打撃理論や打撃フォームに問題がある場合がほとんどだと指摘します。

この問題を練習量を増やして解決しようとすると、それこそ膨大な時間が必要になります
し、問題が慢性化することで、完全に低迷してしまい、再起の機会すら失われてしまうと
いう結果にもなりかねません。

そこで、高橋さんが提唱しているのが、打撃理論や打撃フォームを解決する、「ジャパン
打撃フレーム
」です。

ジャパン打撃フレームには、以下のような特徴があります。

  • 軸回転打法
  • トップの位置が安定
  • フライボール革命対応
  • スイングスピードが改善
  • 試合で二塁打以上の長打が出やすい

「ジャパン打撃フレーム」は、野球経験が全くない人でも理解できるようにわかりやすく
解説しています。

右打者用、左打者用とわかれているため、間違えないように注意してください。

【続きを開く】