いい加減な精神だから、何でも先延ばしにしたがるとか、嫌なことを差し伸ばしにしよう
とする甘い考え方自体がけしからんなどといって説教されたことはありませんか?

あなたも締切間際にならないと行動できないかもしれません。

ぎりぎりになってから急いで始めると、どうしても期限内に終わらせることばかりが重視
されるので、中身の品質は二の次になりがちですし、何かのトラブルが起こってしまうと
終わらせることすら無理になるといった具合に、悲惨な結果になるだけです。

その結果、他人に迷惑をかけることも少なくありませんし、あなた自身の評価も下がって
いく一方ですが、それでも先送りをする傾向は止められないのではないでしょうか?

精神力や忍耐を鍛えないと先送り癖は治らないと思っている人が多いのですが、インフォ
セブンの酒匂敏郎さんは、意志の弱さや甘い性格が先送りの原因ではないと指摘します。

一般的には、先送りをするのは、手を付けるのが面倒くさい、気が重い、やる気が出ない
などと考えがちですが、酒匂さんは性格ではなく思考習慣の違いだといいます。

つまり、先延ばしをしない思考習慣に切り替えれば、今日にでも先送り癖を解消すること
は可能だといったら驚くのではないでしょうか?

悪い癖を治すのは時間が掛かるし、相当、苦痛な思いをしないと無理だと思っているかも
しれませんが、手順を間違えなければ、そえほど苦労せずにスムーズに思考習慣を変える
ことができます。

この先延ばし癖の原因である思考習慣を変える具体的な方法をまとめたのが「先延ばし癖
改善術
」です。

心理学に基づいた、先延ばししないための思考習慣を身につける具体的な方法を説明して
います。

「先延ばし癖改善術」を先延ばしするかどうかは、あなた次第です。

【続きを開く】